インテリジェントヘルスケア株式会社 仕事をしながら出来る介護を提供します

訪問リハビリテーション

訪問リハビリテーション

訪問看護ステーションのリハビリとは

疾病やケガだけでなく加齢によって衰えた体力や身体機能を維持改善するためのトレーニングや現在の身体機能に合った環境の調整や介助法の指導などを行います。
生活や動作に関わることで困っていることは、ほとんどが対象になります。
拘縮予防や動作訓練はもちろん、ベッド上や車椅子での姿勢調整、お風呂やトイレの環境調整、歩行補助具の選定や適切な自主訓練指導、車の乗り降りの方法の指導なども行っており、短期間のご依頼でも対応可能です。
ご自宅に訪問させて頂きリハビリを行いますのでご家族様への説明や指導もその場で行うことができます。

セラピスト数

計 66名 (理学療法士 43名 / 作業療法士 14名 / 言語聴覚士 9名)

平均経験年数

11年(経験年数豊富なセラピストが対応致します)

男女比

6:4

ご利用いただく価値

  • 実際の生活環境で行えるため、リハビリの内容が生活に直結する
  • リハビリのために通院する必要がない
  • 屋外での練習や趣味・余暇活動の練習も行える
  • 特に準備するものも無く、住み慣れた環境のためマイペースに受けられる

よくあるご質問

  • 設備や環境に関しては、病院と比較すると見劣るのでは?
    • 経験豊富なスタッフが様々な工夫で補っていきます。
  • その場に医師がいないため、不安では?
    • 看護師は常に在籍しており、医師との連携も積極的に行っております。
  • 人が家に入ってくるのが不安です
    • プライバシーには最大限配慮を行います。ある程度、固定されたスタッフで訪問させて頂きます。

理学療法(PT)

寝返る・起きる・座る・立つ・歩くなどの基本的な身体の機能回復や改善を目標として動作訓練を行います。
そして、対象の方とその家族や周りの人々と安楽かつ安全に生活を送れるよう、補装具や車いすの調整、環境調整にも関わっていきます。

主な対象疾患

脳血管疾患、整形外科疾患、神経内科疾患、リウマチなど
その他、基本動作(寝返る、起きる、立つ、歩く)に不自由(不便)を感じている方

作業療法(OT)

今後生活していくための問題を的確に評価し、様々な活動を用いて訓練を行います。
また、障がいがあっても残された能力を最大限活用し、身辺動作や家事動作、仕事への復帰を目指した訓練を行います。また、家族や周囲の方々がともに生活しやすいように指導・援助を行います。

主な対象疾患

脳血管疾患、整形外科疾患、神経内科疾患、リウマチなど
その他、生活動作(家事動作、更衣、清拭、入浴、買い物など)に不自由(不便)を感じている方

言語聴覚療法(ST)

聞く、読む、話す、書くなどコミュニケーションに障害のある方、食物の飲み込みが難しい方に対して、評価・訓練・援助、ご家族など周囲の方々への助言・援助を行います。

主な対象疾患

脳血管障害、神経内科疾患、加齢変化などにより、以下のような症状がある方
失語症 構音障害 音声障害 高次脳機能障害 嚥下障害
コミュニケーション(話す・聞く・読む・書く)やお食事の飲み込みにお困りの方

対象者

要介護・要支援・その他医療保険が適応になる方(どの条件においても、医師からの指示書が必要となります)
医療保険の対象に関して
・介護保険をお持ちでない方は医療保険の対象になります(週3回までの訪問が可能)
・介護保険をお持ちでも厚生労働大臣が定める疾病を罹患されている方は医療保険の対象になります(週3回以上の訪問が可能)

厚生労働大臣が定める疾病

  • 末期の悪性腫瘍
  • 多発性硬化症
  • 重症筋無力症
  • スモン
  • 筋萎縮性側索硬化症
  • 脊髄小脳変性症
  • ハンチントン病
  • 進行性筋ジストロフィー
  • パーキンソン病関連疾患
  • 多系統萎縮症
  • プリオン病
  • 亜急性硬化性全脳炎
  • ライソゾーム病
  • 副腎白質ジストロフィー
  • 脊髄性筋萎縮症
  • 球脊髄性筋萎縮症
  • 慢性炎症性脱髄性多発神経炎
  • 後天性免疫不全症候群
  • 頚髄損傷
  • 人工呼吸器を使用している状態

ご利用料金(ご利用者負担)※ 介護保険、訪問看護ステーション上新庄の場合

地域により金額が変わりますので、詳細な金額に関しては事業所へお問い合わせください

要介護の場合

1割負担 2割負担 3割負担
20分 326円/回 652円/回 978円/回
40分 652円/回 1,304円/回 1,955円/回
60分 881円/回 1,762円/回 2,643円/回

要支援の場合

1割負担 2割負担 3割負担
20分 315円/回 630円/回 944円/回
40分 630円/回 1,259円/回 1,888円/回

実例紹介

Aさんの場合

脳梗塞で左半身麻痺になり、自宅での生活はお困りにならないぐらいの状態で退院されましたが、屋外にでるのはデイサービスに行くときくらいでした。訪問リハビリが入って自宅でのシャワーや屋外歩行を開始し、徐々に活動が進み、屋外で自主訓練もされたりと、意欲もでてこられました。

Bさんの場合

骨折後、病院でリハビリを受け、自宅に退院されましたが、しばらくすると、腰や膝に痛みが出はじめ、訪問リハビリを開始しました。日常の活動量が少なくなり、やや筋力も低下していたので、まず、活動性をあげる為に必要な所に手すりを付けるなど環境を整えました。筋力訓練だけでなく、起き上がり方、立ち上がり方を指導すると、少しづつ動作がスムーズになられ、痛みも少しづつ改善されました。

Cさんの場合

脳梗塞後に誤嚥性肺炎を繰り返し、管から栄養を摂ることが必要となり長期間口から食事をされていなかった方が、嚥下訓練や姿勢・介助方法の調整、ご家族への指導により、介入半年後にはご本人の好きだったプリンを1日1個食べられるようになりました。

Dさんの場合

脳出血により簡単な言葉の理解はできるものの言いたい言葉が出ず、「あーあー」や「うん」しか発することができなかった方が、言語訓練やご家族との自主練習により、介入1年後にはご自身やご家族・職員の名前、「ありがとう」等の簡単な言葉が言えるようになりました。

リハビリテーションの実績